社長ブログ

『おかげさまで モデルハウスも 1年5か月目を迎えました』

2018-11-22

みんさん こんにちは。お元気でしたか?

岡春工務店の岡です。

ほんとご無沙汰しておりました。今年は おかげさまで

たくさんのご注文、建築工事のご依頼に恵まれ、実務を

大変少人数で 運営させていただいております岡春工務店では 

まさにフル回転の年となっております。

 

 

そんな中、来月12月1日2日には 甲南町寺庄(寺庄駅前)で 

これからお住まいになられる ご家族さまの大切なお家を

お借りしての 完成見学会を開催させていただきます。

IMG_20181113_163447_531.jpg

(無垢の素材を使いながら 家の各所にお施主さまのこだわりが詰まった 夢のお家です)

本当は 他にも みなさんにぜひともご覧いただきたい 建築中の素敵な お家があるのですが  何分準備不足で 一般にみなさんに ご覧いただける タイミングがなかなか見つかりません。そんなかな 甲南町寺庄(寺庄駅前)のTさまには本当に感謝しています。

T様にはこれからお引渡しして、暮らし始めてからさらに喜んで生活していただけるような お家に仕上がっています。 ぜひ みなさんも 見に来てくださいね。

 

さて、岡春工務店のモデルハウス『ココカラハウス』も 早いもので 

竣工して1年5か月経ちました。

その間、ほんとにたくさんの方に ご来場、ご体感いただきました。ありがとうございます。

このモデルハウスは 特に夏、冬に ご見学、ご体感いただいた方は 驚かれたと思いますが酷暑の夏も涼しく 極寒の冬も暖かく 本当に快適に過ごすことができる 高性能住宅です。

 

神明モデルハウス イラスト.bmp

また、このモデルハウスと同等の高性能住宅も これから半年1年の間に たくさん新築を建てさせていただく予定です。

 

同時に まだまだモデルハウスの仕様から さらに工夫や 改善、改良をしながら    お家づくりをバージョンアップさせていただきたいとおもいます。

 

話は変わりますが 国土交通省が公開している冬の死亡増加率データというもがあります。

これから本格的に寒くなりますが、冬の寒さや温度差による体調不良などに 十分に気を配っていかなければいけない時期になっていきます。

この『冬の死亡増加率データ』によると

全国平均の冬季死亡増加率は約17・5%だそうですが、

なんと寒冷地である北海道が10%の増加率で死亡率が全体で一番低いそうなんです。

逆に(温暖かどうかは微妙ですが)寒冷地ではない栃木県が25%で一番高いという結果が出ているのです。

不思議ですね。

ヨーロッパの国別統計でも同様な結果になっていて、寒冷なノルウェー(北欧)やドイツの冬季死亡率増加は10%程度で、逆に高いのはポルトガル・イギリス、スペイン、ギリシャなどとなっています。

 

これは、つまり寒冷な場所(地域)ほど、室内を暖かくするなどもともと冬への備えがしっかりできた住宅になっているということから、このような結果になるそうです。

 

実は高断熱住宅の普及率は、北海道や青森では60%を超えていますが、逆に九州では10%未満となっているそうです。

 

高断熱住宅(高性能住宅)は健康とともに省エネにもなるので これからの長寿社会で長生きしても健康が維持しやすく、冷暖房費が かかりにくい住宅は 絶対に必要ということがわかってきます。

ちなみに 岡春工務店のモデルハウス(ココカラハウス)は 一年中 建物内の温度が 快適温度を 維持すること(夏は 28℃以下、冬は 18℃~20℃(以上))を 条件にして 温度管理をしています。

モデル_14.JPG

 

モデルハウスはリビングエアコンを使用しながら 極力家中を一定温度にできるよう

断熱性能と間取りを工夫して設計して建てていますので、従来の一般の住宅よりも   冷暖房費が1/3ほどで 快適に暮らすことができるので 電気代の節約になるだけでなく

冬 寒さを 我慢せずに 健康的にくらしていける 健康住宅となっています。そしてこの仕様のままのお家で

現在 たくさんのご家族の住まいを新築させていただいています。

 

岡春工務店では 高性能住宅の建築も まだまだ 研究途中で 仮説と検証、そして改善の

繰り返しですが これからも

大切なのはお家を建てられるご家族が『喜びながら幸せに豊かに』

 暮らしていただけるお家を ご提供できることです。さらにさらに、がんばりたいとおもいます。

                                    岡より

                                         

  

 

 

 

カレンダー

バックナンバー