ブログ

岡春工務店のお家づくりは家族の幸せをテーマにしたお家づくりです!

2019/10/21 [家族大好き!岡社長の奮闘記]


みなさんこんにちは。岡春工務店の岡です。


お元気でしたか?


 


先日の台風19号は 大変恐ろしい被害をもたらしました。


私の知人の一人が関東や東北のあちこちに 仕事に行く機会がある方で、

先日TELで話していたのですが、

今回の 台風がもたらした災害の影響は TVなどの報道で 伝えられているものとは 

全く違って 大変広範囲でかなり深刻な災害だそうで、『東日本大震災を思い出す』と言っていました。 


 


地球温暖化の影響で 今後毎年のように このような大きな台風が来ることになるのは 

本当に深刻な話ですね。


私は被災されたエリアの方とは 大変場所が離れている滋賀にいるので、

容易に現地に駆け付けて支援をすることが できません。

ですからこれからは遠くからでも 

なにか支援につながることを常に意識して考えていかなければならないとおもいました。


被災された方には 一日も早く 復興と平穏な日常がくることを 祈るばかりです。


 


さて話は変わりますが


岡春工務店は 一般の工務店と同じ、建築会社ですが 


岡春工務店の事業には明確なテーマ(目的)があります。


 


それは同じお家づくりでも


(仲良し)家族の幸せをテーマにしたお家づくり でありということです。


 

マイホームづくりにしても リフォームやお家のメンテナンスの場合で


岡春工務店は 『家族の幸せ』をテーマにしたお家づくりが前提ですから


私は おのずと お家づくりのご相談や ご提案の過程に


家族が 今も未来もずっと笑顔で暮らしていけるかどうか?を すべてのご相談の基準(ベース)に踏まえて お話をさせていただいております。 


 


ご相談時の雑談や会話の中身も 具体的なご計画の中身も


 『家族が(より)幸せであり続けられるお家づくり』であるためにはどうしたらいいか?を 常に意識して ご提案、お打ち合わせを 続けていきます。


さて、みなさんは お家づくりをご計画されるとき


なにを基準ポイントに お家を買いますか?もしくは 住宅会社を決めますか?


 


 


お家づくりを考えはじめた段階では、


みなさんは いろいろな会社(大手ハウスメーカー、設計事務所、(地元)工務店、不動産会社など の会社)を一度は 見て回られたり、ご相談されたりというのがあると思います。


 


 


その行動は なにも全く知識がないよりも 最初は見て回っていろいろ知ることは必要だとおうので いいことだと思います。


 


そして いろいろな会社に一度は 足を運んでみないと 各々の会社が 何を重視(大事に)して 家を建てているのか?や


今必要なトレンドや家づくりの考え方も その違いがわかりません。


 


いろいろ見比べながら


それぞれの会社が持っている特徴や 会社の家づくりの方針を 知ることで を 絞っていけるものだとおもいます。


 


さて、なかには家のデザインが最優先(売り)にしているところもありますね。立地を強みにしている不動産会社も あります。


 


ですので 違いを知るためには 必ず一度は 他社を見て回ってくださいね。


 


次に 各会社の 違いがわかってきたら 本当は おこなってほしい取り組みがあります。


 


それは夫婦や家族で


『自分たち家族が どこの会社で建てたら 最も幸せか?』 ということを話し合い考えることだとおもいます。


 


よく プランを複数の会社に依頼され コンペのような感じで比較される方も


お見えになりますが、


設計事務所と不動産会社と大手ハウスメーカーと工務店をプランのコンペで比べたら


『あなたの家族の理想のお家』が 実際に建つのでしょうか?


当然ながら 自分たち家族が本当に望むことは 当人にしかわかりませんので それをしっかり押さえないと うまくいくはずがありません。


 


 


お家づくりは 建ててもらう会社が決まって お家づくりが完成して入居する期間よりも


実際は 建てた後の その後の暮らしのほうが はるかに長いものです。


 


『自分たち家族が どこの会社で建てたら 最も幸せなのか?』を しっかりと心で感じながら


時には 心の声も 大切に聞きながら 計画を進めてみてください。


そのことができれば きっと 家族の希望のお家づくり(本質)


近づくことができるはずです。


 


 2019年1021


                                      株式会社 岡春工務店


                                          岡  毅