ブログ

『マイホームがディズニーランド? 』

2020/10/09 [家族大好き!岡社長の奮闘記]

みなさんこんにちは。お元気でしたか?

岡春工務店の岡です。

 

最近はだいぶ涼しくなりましたね。

私は暑すぎた夏が過ぎ、 快適に体を動かせる 大好きな秋が来て喜んでいます。


小学2年の次女が今年から ミニバスケットボールのチームに参加させていいただいており、毎週 楽しく練習や試合に行くようになりました。

 

また娘と一緒に運動ができるように 秋は 体力づくりができたらいいなあとおもいます。

 


さて 今回は 不安ということについて お話させていただきます。

 


「人はなぜ不安になるのでしょうか?」


たとえば 

マイホームを持ちたいのに 「なんだか不安」で なかなか前に進めない方も結構多いかと思います。

日々の生活の中でも 「不安」な感情や気持ちに なることが多い方もいらっしゃると思います。

 

この『不安』とは 人間誰れにでもある感情ですが 

決して心地よくないし、笑顔にはなれない感情ですよね。

さらに ヘタすると この感情に引っ張られ、いつも 「不安な気持ち」で

自分の生活に支障がでてしまう状態になってしまうことも 人によってはありますよね。

 

では この『不安』っていう感情はどこから来るものなのでしょうか?

 

 

 

 

 

『不安』って  

よくよく考えたら今現在に起きてはいない状況を

まだ先の未来に対して 勝手にネガティブに妄想(想像)している、

そんな感情なんだそうです。

 

 

この意味わかりますか?

 

もう少しわかりやすくいうと 将来こうなったらどうしよう、失敗したらどうしよう、期待する結果でなかったらどうしよう。など

 

自分が今現実に 体験、経験していることではなく

まだ全く未経験な先(未来)の事をあれやこれやと うまくいかないイメージを妄想している自分の状態のことを 『不安に思う』と いう表現をしているっていうことなんだそうです。

 

さらに

未来の結果が都合よくうまくいかなかったらと 妄想しながら 考えていることなんですよ。 

 

ご存知でしたか?

 

 

オリンピックに出る前から 失敗することを日頃から妄想するアスリートって

いませんよね。

 

繰り返しになりますが 『不安』 これは 今 現実に起きていないことを勝手にネガティブに想像している状態です。

 

実際に「苦痛」と感じることを人は体験すると

実際には 出来事が起きなくても、今後も「起きるのではないか」と思っただけで、極度の不安状態とそれによるストレス反応が生じるようになってしまうことがあるみたいです。

しかしながら「不安」のストレスとは、起こってもいないことに対する取り越し苦労であって、ざっくり言えば、「不安」の現実化って そもそも考えなければ発生しないそうですよ。

「無」から、勝手に自分でストレスをつくり出してネガティブな感情を引っ張りだしてきている状態になりますが。これは単なる妄想です。

だから不安』が起きたら96%は実際には起こらないことだと自分で決めることが 不安に対する適切な対処法

⇒つまり不安』なことは考えないのが一番いいということ。

不安なことを考える時間があれば 感謝できることや楽しいことを 妄想するほうが 長いようで短い人生 とっても有意義に生きれるんではないでしょうか

さらに 『不安』についての興味深い研究のお話があります。

米国ミシガン大学の研究チームの心配事の実地調査のお話をかりると

「心配事の80%は起こらない」ということが明らかになっているそうです。

 さらに、残り20%のうち、16%は準備をしていれば対応可能なもの。つまり、不安、心配事のうち実際に起こるのはたったの4%だったという実験結果が出ているとのこと。

 心配事や不安の96%は実際には起こらない。つまり、ただの「取り越し苦労」にすぎないという研究データだったそうですよ。

 専門用語では、将来を予期して不安になることを「予期不安」というそうですが

この予期不安のほとんどは実際には起こらないのだそうです。


ご存知でしたか?つまり 現実に起こりにくい不安というものに たくさんの感情やエネルギーを使って不快に日々を過ごすよりも 現実に叶えたい自分や家族の夢を  毎日楽しんで心で育み、喜びながら妄想し続けるのと どっちの状態が幸せでしょうか?

 

お家づくりなどの 大きな買い物をするときには ここを十分に深堀りして

『不安』にばかりフォーカスするのではなく

 楽しく幸せなイメージを 家族で共有しながら前向きに気持ちを整理していってくださいね

 

最後に 我が岡春工務店は マイホームのことをディズニーランドだと 表現しています。

つまり みなさんのお家 一軒一軒を そのご家族のディズニーランドだと 思って 建てさせていただいているのです。

 

 

 

 

そこには 本物のディズニーランドのような

派手で豪華なアトラクションなどが 決してあるわけではないですが 

大人も子どもも 家に戻れば 夢の国 喜びや癒しの空間 

心を開放できる、素の自分に戻れる空間として 

毎日毎日 お家そのものが 迎えてくれるのです。

 

みなさん せっかくですから 人生は 不安にフォーカスするばかりではなく

喜びや幸せを 感じながら 日々を過ごす習慣も ぜひ大切にしていきたいですね。

 

                                           岡 でした。




動画紹介
動画紹介