ブログ

物価上昇に伴う 今後の取り組みについて

2022/05/06 [家族大好き!岡社長の奮闘記]

みなさんこんにちは。お元気でしたか?

岡春工務店の岡です。

 

ゴールデンウィークはみなさまいかがお過ごしでしたか?天気のいい日が続き 久しぶりのアウトドアや外出を楽しまれたのではないでしょうか?

私の方は ゴールデンウィークの後半に久しぶりの お休みがいだだけてリフレッシュできました。


特に今回の休みは

次女のミニバスケットボールの遠征試合(練習試合)で 兵庫県西宮市まで付き添いで行きました。     

               


西宮市といえば 私にとっては阪神甲子園球場が浮かぶのですが 

ほんとすぐ近くの小学校チームが今回主催の会場でした。

この小学校よくよく調べてみると 公立ですが とても立派な学校で 村上春樹さん(作家)が出身でもあると 

あとで知りました(笑)


私の次女は 水口のミニバスケットボールスポーツ少年団に所属しており 

前年度の6年生が抜けて ちょうど新チームになって間もないタイミングでの遠征試合になりました。

今回は近畿圏の優良チーム6チームがリーグ戦で対戦する大会方式でしたが

兵庫、大阪、京都から参加の小学チームは 圧倒的な強さで そのレベルの高さに びっくりしてしまいました。


案の錠、水口チームは完敗でしたが レベルの高いチームが集まる試合を経験できたことは 子どもたちにも 親にとっても 貴重な体験と刺激になったと思います。

子どもたちは 受けた刺激や体験を糧に 自分たちなりに高い目標をもって 今後も取り組んでくれたらと 思っています。


さて、コロナパンデミック後の世界中での経済復興対策や戦争の影響により あらゆる物価の高騰が起きています。

例にもれず、私たちの建築業界も 木材、建材をはじめ ほんとありとあらゆる材料が値段が上昇もしくは 不足により

入手に苦労しています。 

                                    

しかしながら、それに負けじと岡春工務店は 

地域型住宅グリーン化事業の工務店ネットワークや 

全国規模の工務店グループでの資材の共同購入を有効に活用したりして 

設備製品や建材の仕入れを お値打ちに導入できるよう 企業努力を続けております。


私たちは もともと構造材の柱や土台を

国産の『ひのき』にこだわり 下地材や 補強材なども        

しっかり取り入れながら 

丁寧にお家づくりをさせていただいてきたので、

岡春としては 今後も材質的には 質の低下はありませんが

 米松や赤松など 貴重な外国産材が 価格の高騰で、

さらに輸入が難しくなってきたので

今後は 国産の桧を 柱以外の横架材()や根太にも導入する

方向性や仕組みなどを 模索していき より良質の素材で 

適正な価格のお家づくりが続けていけるように 進化していきたいと 考えています。


さてまた別の話題になりますが

岡春工務店は 建て替えによる  

新築のご依頼が多く 

その大半のケースに既存の建物の解体工事をご依頼していただくケースがあります。

 

去年から今年にかけて 資産の整理に解体工事のみをご依頼いただくお施主さまも 増えてきており、上半期でもすでに 何組かのお施主さまのお家(古屋など)を解体工事をお請けしました。

 

みなさまもいつか ご自身のお家や資産の一部の家屋を資産整理するために、解体処分される機会がありましたら 次の内容がご参考になるかとおもいます。


現在は、解体工事や建築現場の廃材処分には  建築リサイクル法で 工事現場での分別解体、分別された廃棄物の再資源化が義務付けされています。

 

そこで 解体工事の費用には 主に①解体作業費と ②産業廃棄物(リサイクル法定)分別処分費にわかれます。

 

とくに ②の廃材などの処分は今は大変厳格な 分別処分が義務づけられており、処分方法や処分場への運搬から最終処分まで一連の流れを適正な許可を事前に申請し、法定処分後の証明書を取得、保管しなければなりません。

 

また、家屋の解体によく 生活ゴミや残置物も一緒に処分をご依頼いただくケースがありますが、こちらの処分を業者に依頼する場合は 産業廃棄物扱いになり、場合によっては混合廃棄物として処分するケースが出てくるので、普通の家庭用ゴミで処分するより 大変割高に費用がかかってしまいます。

 

ですので 解体工事やリフォームをご検討の方は 生活ゴミや家庭用ゴミまたはもうすでに使っていないものなどを あらかじめ普段から少しずつ 整理・分別し 一般家庭用ゴミとして 処分することで 極力 余計なお金がかからないように 工夫してくださいね。

 

解体工事時に 極力 残置物のないように しておくことが 解体費用を抑える上で とても大切なポイントとなってきますので  その点 ご注意くださいね。 この点の詳しい内容をお知りになりたい方は ぜひお気軽に当社まで お問合せください。

 

さて 5月15日()は 甲賀市水口町神明 で ココカラハウス見学会を開催致します。

 

『一生涯のお家づくりを手掛けた後に 生活資金や教育資金 老後などに 十分なお金を計画するための とっておきの 計画方法』を お伝えする見学会ですので

 

お家づくりをご検討されている方は ぜひとも ご参考に見に来てくださいね。


 

株式会社 岡春工務店


         岡  毅



動画紹介
動画紹介