ブログ

『時折 自然の中に身を置き 心身ともに癒やす時間を持ちたいものです』

2022/05/26 [家族大好き!岡社長の奮闘記]
『時折 自然の中に身を置き 心身ともに癒やす時間を持ちたいものです』

みなさんこんにちは。

岡春工務店の岡です。お元気でしたか?

今年の5月は大変過ごしやすい季節ですね。 

新緑のまぶしい季節で  自然を眺めながらドライブするのがとっても楽しい時期に

なりました。

 

先日少し時間を見つけて 伊賀市柘植(つげ)にあります余野公園に散歩に行ってきました。小さいころは母親によく連れて行ってもらった記憶があるのですが 何年ぶりに来たのか 思い出せないぐらい久しぶりに ふらっと行きましたが とてもきれいな公園のままでしたよ。



広大な芝生の広場があり、ツツジや紅葉などの木々も豊富で

自然に囲まれて とても癒されました。

子どものころによく見に来た 『蒸気機関車D51』もまだ健在で

公園の隅の方で 変わらずひっそりと 展示されていましたが

何年か前に 塗り替えられたのか ピカピアの状態に保たれていました。



こうして 時折 自然の中に身を置き 心身ともにリセットしたり 魂を癒したりする時間を持ちたいものです。自然の持つ力は 凄いですから たくさんエネルギーをもらって

また 頑張っていきたいと おもいます。

 

さて、話題は変わりますが 住宅業界も カーボンニュートラルの実現に向けて 住宅・建築物の省エネ化を推進するために 国(国土交通省)が 具体的な事業を立ち上げています。 住宅・建築物カーボンニュートラル推進事業といいます。 以下は国土交通省HPからの資料の抜粋です。


事業の目的 

2050年カーボンニュートラル、2030年における温室効果ガス46%削減(2013年度比)など、脱炭素社会に向けた政府目標が示される中、住宅・建築物分野においても、さらなる省エネルギー化や炭素貯蔵効果の高い木材利用の拡大に向けた取組の推進が求められている。このため、省エネ性能の高い住宅・建築物の整備や、既存住宅の改修等を総合的に支援することで、住宅・建築物の脱炭素化を推進することを目的とする。




私たちは この推進事業のなかで ②の『地域型住宅グリーン化事業』で グループで国から採択を受けて 耐震性、耐久性の高い住宅、省エネ住宅を手掛けています。割り当てがあり、当社が年間に建てられる棟数は限られていますが 採択が通れば 耐震性・耐久性・断熱性の高い長期優良住宅やゼロエネルギー住宅を 補助金を利用して 建てていただくことができる事業です。

申請や 耐震のための構造計算、省エネルギー住宅の数値計算、現場検査のチェック等が 大変厳しく手間もかかりますが、その分 工務店として 高性能な住宅を建てる技術が向上し、お施主さまに 耐震住宅、省エネ住宅にお住まいいただくことが できます


(補足)将来的に 日本の住宅に求められる 2050年仕様の住宅= LCCM住宅




今年度も グループで国土交通省から グリーン化事業の採択を受けましたので 

頑張って手掛けていきたいと思います(補助金事業がご利用いただけます)

 ご興味のある方は 当社まで お問合せください。


さて 64()5()に お施主さまのご厚意により

甲南町希望ヶ丘5丁目にて

“木の温もりのある『ナチュラルエレガント』なお家”

完成見学会(完全予約制)を開催致します。

とても品がよく エレガントでシックな内観の お施主さまの希望がたくさんつまった

 素敵なお家に仕上がりましたので ぜひとも ご参考に お家を見に来てくださいね。


株式会社 岡春工務店

         岡 毅

                                       






動画紹介
動画紹介